お酢のお料理でダイエット効果ある健康食

PR|腸内エステに興味ある?

豊田市でキッチンのリフォームをしてから、人気のエステサロンに行ったり写真館で記念撮影したり、お料理が益々楽しみになりました。

お酢を使ったお料理はダイエット効果抜群で美しい体つくりを目指す事ができる理想のお料理です。仙台で長年にわたり体質改善指導をしている品川区のフェイシャルエステが人気の友人にも東京で評判の海洋散骨のアドバイスをいただいています。

最近、岡山市の個室居酒屋でもおすすめされていますが、お酢の効果は血液をサラサラにしてくれるというアルカリ食品効果に加えまして、酸の効果で体温を上げることにより新陳代謝をアップする効果があると、画像診断のセカンドオピニオンで権威の医師も話していました。
お酢を摂取いたしますと確実に痩せる効果が発揮されるのです。

しかし、お酢そのものを飲みましたりしますと、酸がきつすぎるために胃腸を壊しやすいのも難点です。
そこでおいしいお酢を使いましたお料理で健康的にダイエット効果が発揮できるように今回は2つのメニューをご紹介させていただきます。

【ハスの酢の物】

レンコンを使った酢の物をご紹介させていただきます。このメニューは、親戚の実家がある岡山市の海鮮が評判の居酒屋で教えていただきました。

調味料を合わせておきましょう。
お酢(米酢または穀物酢)一カップ・お砂糖大匙一・塩小さじ一を混ぜ合わせます。
レンコンは皮を剥き、薄切りにいたします。
薄切りにしましたレンコンは水にさらしてあく抜きします。
沸騰しているお湯一リットルに対してお酢小さじ1を加えます。
あく抜きしましたレンコンを沸騰していますお湯でさっとゆでます。
ざるに上げ、水気を飛ばしましてから合わせました調味料に漬け込みます。
シャキシャキとしましたレンコンの食感が楽しいさっぱりとしたお酢のお料理は疲れた体を優しくいたわってくれる家庭の味といえるでしょう。

【たたかないゴボウ】

たたきゴボウはお正月のお料理でも有名ですが、なんだか少し面倒なお料理だと思われている方も多いのではないでしょうか。
たたくという作業を省きますと、とっても簡単においしく仕上げることが可能です。

先ずはお酢を調味料と合わせていきます。
分量は【ハスの酢の物】と全く同じものを用意します。
ゴボウは細めの物を選び、土を落として皮をこそげて落とします。
ゴボウを10センチくらいの長さに切り分けてから、細くなるように切っていきます。菜箸の先よりも細いくらいの細さがちょうど良いくらいです。
切りましたゴボウは水にとってあく抜きしてザルに上げます。
湯を沸かしましょう。お湯一リットルに対して小さじ1のお酢を入れておきます。
煮立った中にゴボウを入れて火を通します。
ひと煮たちしましたらザルに上げて水気を飛ばして合わせましたお酢に投入します。
そこでたっぷりのすりごまをふりましょう。
たたきゴボウと同じ、たたかないゴボウの完成です。

PR|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|美容と健康女性ランキング|会社経営に必要な知恵袋|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|カウンセリングのお悩み解決サイト|新築一戸建てを建てる時に読むサイト